アンティークやヴィンテージが好きな人が楽しめる本、3選

アンティークやヴィンテージの世界って、一度はまると抜け出せない、本当に魅力ある世界ですよね。このページでは、アンティークやヴィンテージが好きな人が楽しめる本を紹介していきます。

『特徴と見方がひと目でわかる、世界のかわいいカップ&ソーサー』

誠文堂新光社から発売されている、アンティークやヴィンテージのカップ&ソーサーばかりを紹介した本。イギリスにはじまり、フランス・北欧・ドイツ・ハンガリー・アメリカ・日本など様々な国のカップ&ソーサーが紹介されています。
1e30cc12-a81f-4e51-b6df-f788a5047e2b
テイストとしては可愛い、シンプル系。華美な装飾のものは少ないので好みは分かれるかもしれませんが、北欧系のヴィンテージカップが好きな人などにはピッタリだと思います。

また、スージークーパーやミッドウィンターは、ページを多く割いて紹介がされています。

『アンティーク・ディーラー』

朝日新聞出版から発売している、アンティーク・ディーラー歴20年、銀座・日比谷に店を構える石井陽青さんによる四方山話。各国のお宝、ニセモノ事情、鑑定方法まで、業者だからこそ分かる話をぶっちゃけた本です。

イギリスのアンティークマーケットの話を中心に語られる裏話はとても興味深いです。

『ロンドンで集める ビンテージ雑貨コレクション ビンテージカタログ 2014~15』

キンドル版で250円と、格安で購入できるのも魅力のこの本。長年ロンドンを中心にヴィンテージ雑貨を取り扱ってきた著者が、ヴィンテージの雑貨50点をセレクトし、それについて詳細を解説した本です。

アンティークマーケットでの相場観も載っているので、アンティークマーケットへ出かけるときに便利です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です