ブクマ!って売れるの?売れないの?

招待コードは B170F です。300ポイントがプレゼントされますのでぜひお試しください。

ブクマ!という本に特化したフリマアプリがじわじわと知名度を広げています。

2016年8月にiOS版、2017年2月にアンドロイド版がリリースされたばかりのアプリですが、累計20万冊の本が出品されるなど、なかなかの盛況ぶりのよう。

私が何より素晴らしいと感じるのは操作性。本の裏面にあるバーコードをスマホカメラで読み込むだけで出品できるので、メルカリよりもさらに短時間での出品が可能なんです。

…でも。結局のところ気になるのは、このアプリに登録すると、きちんと売れるの?それとも売れないの?ってところですよね。

あんまり売れ行きが良くないのであれば、多少出品に時間がかかってもメルカリで出品したほうがいいですし。

…ということで、実験をしてみました。

実験内容

3日間の間、以下の本をブクマ!で出品。そのうち、売れ残った本をメルカリで出品すると何時間で売れるか、です。

  • FUDGE 先月号
  • BRUTUS 先月号
  • 何者 朝井リョウ
  • 冷静と情熱のあいだ 辻仁成
  • 進撃の巨人 1~3巻
  • 地球の歩き方 イタリア

女性雑誌・男性雑誌・流行りの文庫本・ベストセラー文庫本・コミックス・旅行ガイドブックと、できるだけ色々な種類の本を売ってみました。

実験結果

ブクマ!で、 3日間で売れたのは「何者」の1冊だけでした。

う~ん…( ´ー`)

そこで、メルカリでそれ以外の本を出品してみたところ、FUDGE・BRUTUS・地球の歩き方の3冊が1~2日の間に売れました

…現状では、メルカリに軍配があがりますね、ま、実験する前から分かってましたけどwww

でも、ブクマ!はとにかく出品にかかる時間が短時間で、とにかく出品側にとっては便利なアプリ。私はブクマ!がもっと普及すればいいなぁと心から思ってます。

普及が進めば、メルカリよりもハイスピードで売れる夢のアプリになることは間違いありません。

期待してます(・ё・)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です