ブクマ!どの発送方法が一番便利?一番安い?ざっくりした考え方を紹介します

最近、注目されてきているブクマ!というアプリ。

招待コードは B170F です。300ポイントがプレゼントされますのでぜひお試しください。

メルカリのようなフリマアプリだけれど、本に特化しているところが特徴です。

本の裏表紙にあるバーコードを読みとるだけで簡単に出品ができるので、メルカリよりもさらに短時間で出品が可能です。

現状では利用者の多いメルカリに軍配が上がりますが、この出品の手軽さが周知されてくれば利用者は徐々に増えていくはず、という注目アプリ。

メルカリと異なる発送方法

ただし、メルカリの出品に慣れている人にとって戸惑いを感じる可能性があるのが、発送方法だと思います。

メルカリではらくらくメルカリ便というクロネコヤマトと提携したサービスがありますが、ブクマ!で推奨されている発送方法は主に郵便局の各種サービスなのです。

発送方法として選択項目に記載されているのは、以下の郵便局のサービスです。

  • ゆうパック
  • ゆうメール
  • 定形・定型外郵便
  • クリックポスト
  • レターパック
  • スマートレター
  • ゆうパケット
  • その他

この中から、その時々の自分にあった発送方法を選ぶのですが、これだけサービスがあると何が安くて便利なのか、検討するだけでも時間がかかってしまいます。

特に、郵便局のサービスを使いなれていない人にとっては難しいのではないでしょうか。

ということで今回は、ブクマ!で本が売れた時にどんな発送方法で送るかを判断する、ざっくりとした考え方をご紹介します。

最も安く、追跡もできるサービス

本の大きさや重さは色々ありますが、A4サイズ・厚さ3㎝以内の本(1㎏以内)であれば最も安く発送でき、それなのに追跡サービスも付いているというお得なサービスが、クリックポストです。

全国どこでも164円で、ポスト投函することで発送ができます。

ただし、大きな欠点があります。クリックポストは以下の条件をクリアできる人しか利用できません。

  • Yahoo! JAPAN IDを取得した人
  • Yahoo!ウォレット(クレジットカード払)の利用登録をして、実際に発送する度にクレジットカードで送料の決済を行える人
  • プリンターで宛名ラベルを印刷できる人

仮にクレジットカードを持っていて、プリンターも持っていたとしても、本が売れる度にプリンターで宛名ラベルを印刷するのが面倒くさい、って人も多いと思います。(実際、私はそうです笑。)

上の条件をクリアできる人でこれらの作業が面倒くさくない人は、クリックポストでほとんどの本を送ることができると思います。一部例外的に、大きい本(A4以上)や厚みのある本(3㎝以上)、重い本(1㎏)だけをゆうメールで送るのが一番お得でしょう。 

…ちなみに。

「…あれ?クリックポストよりも、ゆうメール(旧・冊子小包)や定型・定型外郵便の方が安くないの?」って思った方がいるかもしれません。

確かに、ゆうメールや定型外郵便は、重さが軽ければ非常に安価です。

しかし、一般的に本の中で一番軽いであろう文庫本であっても、100g以上かつ厚さ1㎝以上あるのが普通です。一般的には、薄めの文庫本で100~150g、普通程度の厚みの文庫本で150~200g程度の重さがあります。

そのような場合、この表で見ても分かる通り、

定型・定型外郵便 100~150g 205円
150~250g 250円
ゆうメール ~150g 180円
150~250g 215円

表の中で最も安いゆうメールであっても、クリックポストの164円より割高となります。なので、基本的にはクリックポストが最安値になります。

じゃあ、クリックポストが使えない人はどうしたらいい?

では、印刷環境がない、クレジットカードがない、印刷が面倒くさい、等の理由でクリックポストが使えない人は何を使ったら一番安いでしょうか。

一番のチェックポイント

一番にチェックしたらいいのは、本の大きさです。

A5サイズで厚さ2㎝以内であれば、スマートレターというサービスが一番安いです。残念ながら追跡サービスはありませんが、全国一律で180円です。

A5サイズは、コピー用紙に最も使われるA4サイズを半分にしたサイズで、一般的には文庫本・コミック本・新書などが楽々送れるサイズです。スマートレターは1㎏以内のサービスですが、これはよっぽどのイレギュラーなことがない限りは超えることがありませんので、あまり気にしなくて大丈夫です。

スマートレターの封筒は郵便局やコンビニなどで購入可能です。

スマートレターで送れなかった大型の本は…

そして、スマートレターで送れなかった大きめの本は、ゆうメールで送るのが安いです。

ゆうメールは、従来「冊子小包」として郵便局がしていたサービスで、その名前が変わっただけです。印刷物を送るために作られたサービスで、本を送るのであれば定型外郵便よりも安いのが特徴です。

中に冊子が入っていることが分かるように、封筒の一部を切り取る必要がありますが、それさえできれば定型・定型外郵便よりも安く本を送ることができます。

以上をざっくりまとめると…

  • 面倒くさくないなら、クリックポスト!
  • それ以外の人は、スマートレター ⇒ ゆうメールの順に検討!

です。ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です