MEYERグリルパンで魚もステーキもパニーニも。買って正解!

この冬、新調したコンロ。

Vamo.(バーモ)のガスコンロを買って3カ月。満足度や購入当時不安だったこと。

2017.03.28

とても気に入っていたのですが、魚焼きグリルが付いていなかったので、魚を焼くためのグリルパンを追加で買うことにしました。

グリルパンとは、表面が波形になっていて強火の環境でも使える鉄鋳物のパン。 厨房などの直火が使いにくい場所でグリル(網焼き)できるように設計されたものです。

グリルパンで色々調べると、よく出てくる有名そうな商品はこの3つ。

ただ、いまいちピンとこなくって、あれこれ探しているうちに出会ったのが、

MEYERのグリルパンでした。

正方形のグリルパンにプラスして、グリルプレスが付いているのが特徴です。

で、このグリルプレスが、すごいんです。

 

このグリルプレスは、790g程のずっしりとした重さがある強化ガラスでできています。

これを火にかけている食材の上に置くことで、こんがりと美味しそうな焼き目が付くんです。

また、余計な脂はグリルパンの溝部分に落ちるので、カリカリッとした食感や香ばしさだけが残って、直火で焼いているような感じ。

例えば…お魚。

それから、食パンの耳を切って、間にとろけるチーズを挟んで、両面とも数分ずつ焼くだけで…

美味しそうなパニーニも。

サックサクでおいしいですよ♪

2つまでなら、楽々同時に焼けるので、夫婦2人分を作るのにぴったりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です