駐在妻って暇すぎる!?暇な時にすべきことはこの3つだと思う

旦那さんの海外転勤に付き合って海外暮らしをしたものの、意外にもやることがなくて「暇~!」っていう専業主婦の人って、多いのではないでしょうか。

海外に引っ越してきた初めのうちは、料理教室やヨガ教室など、いろいろな習い事にチャレンジしてみるのですが、思うようにピッタリ自分にハマる習い事が見つかるとも限らないものです。

そもそも、浪費のように習い事をたくさんすることに抵抗がある人も多いですしね。

立場上、旦那さんの会社からは働くことを禁止されていることが多く、またそうでない場合でも、現地で仕事を見つけるのはよほどの能力がないと難しいものです。

そんな場合、自由な時間が一気に増えてしまって手持無沙汰になってしまいがちです。

私も旦那の海外駐在に約3年お付き合いをしましたが、初めの半年ほどは何をしたらいいのか分からず手持無沙汰になりました。

習い事もしてみましたが、料理教室やヨガ教室に、毎週毎週参加するほどの意義を見出すことはできませんでした。

そこで、自分が何を有意義に感じることができるのかを考えて、2年程は次の3つの活動に力を入れてました。特に、働くことが好きな方や、帰国後にまた働きたい方は、このような過ごし方が向いてるんじゃないかなって感じています。

個人的な話も多く含まれてしまいますが、暇を持て余している駐在妻の方の参考になればうれしいです。

1.資格取得の勉強

私の場合は、たくさんの自由時間を利用して、資格取得の勉強をしました。

もともと給与計算の仕事をしていたこともあり、帰国後の再就職でそのキャリアにプラスして強みをアピールできる資格として、社会保険労務士の勉強をしました。

試験日にあわせて一時帰国をして試験を受け、無事合格することができました。

受験勉強期間は丸1年にも及んだので、コツコツ勉強するのが大変な時期もありましたが、同時にハリのある生活を送れたのもまた、資格勉強のおかげでした。

教材は、Kindleで買えるものの中から選びました。

その他にも、例えば簿記では…

パブロフ流シリーズは、キンドルでも購入できて、回答用紙はウェブからダウンロードできるので、海外からでも問題なく勉強できちゃいます。(ダウンロードページはこちら

その他にも、日本から海外へ取り寄せができる通信教材をまとめましたので、ご興味ある方はご覧ください♪

海外から受講できる大人向けの通信教育教材4選

2017.04.16

 

2.現地語の勉強

これは定番中の定番ですが、現地語や英語の勉強も、誰もが一度は考える時間の有効活用の一つですよね。

せっかく海外に住んだのだから、その国の言葉を学びたいと考える人は多いはず。また、実際のところ、生活のために一定レベルの現地語が必要なのは事実です。

現地の語学学校にも通いましたが、毎日通うとやはり高額になってしまうため、継続的にオンライン英会話を利用して英会話の勉強を続けていました。

効果が見えづらいな~と思ってやる気が折れかけたこともありましたが、現地での英語能力試験をモチベーションにして頑張りました。結果的には、日本に帰国後にTOEIC850を取ることができ、自分的には満足です。再就職に生かすこともできました。

オンライン英会話で一番の有名どころはレアジョブでしょうか。どこもサービスは似ているので、結局は継続できるかどうかにかかっている気がします。

3.リモートでできるお仕事

資格や英語の勉強もいいですが、やっぱり自分で働いてその対価にお給料や報酬を貰うのって、自分を他者に認めてもらえている気持ちがして、いいものです。

そんな人は、リモートでできる仕事を探すのも一案です。私も暇を見つけてはリモートでできる在宅仕事をしていました。

仕事を見つけていた先は、クラウドワークスランサーズの2サイトからです。

どちらも、在宅ワークのための仕事が探せるサイトです。文章を書いたり、プログラミングをしたりと、自分の技術を簡単にお金に変えることができます。

基本的にはオンライン上でのやりとりで完結するので、海外に住んでいながらもお小遣い稼ぎができるのが有難かったです。旦那さんのお給料をたくさん使ってしまうのは申し訳ないと考えている人にもおすすめです。

まとめ

以上3つが、駐在妻で暇を持て余していた私が取り組んでいたことの3つです。

駐在期間が楽しく生き生きと過ごせれば、その内容は何であっても素敵なものです。このページを読んでいただいた方にも、何か生き生きとできる時間が見つかりますように。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です