離職票で選択できる失業の理由一覧

ネット上に記載してあるページがなかったので、離職票-2に記載してある離職理由の一覧を以下に丸写しで記載しました。平成29年3月時点の離職票です。あくまでもご参考まで。

1.事業所の倒産等によるもの

(1)倒産手続開始、手形取引停止による離職

(2)事業所の廃止又は事業活動停止後事業再開の見込みがないため離職

2.定年によるもの

定年による離職(定年___歳)

定年後の継続雇用を(希望していた・希望していなかった)

希望していた場合は、aからcまでのいずれかを1つ選択してください。

a. 就業規則に定める解雇事由又は退職事由(年齢に係るものを除く。以下同じ。)に該当したため(解雇事由又は退職事由と同一の事由として就業規則又は労使協定に定める「継続雇用しないことができる事由」に該当して離職した場合も含む。)

b. 平成25年3月31日以前に労使協定により定めた継続雇用制度の対象となる高年齢者に係る基準に該当しなかったため

c. その他(具体的理由:        )

3.労働契約期間満了等によるもの

(1)採用又は定年後の再雇用時等にあらかじめ定められた雇用期限到来による離職

(2)労働契約期間満了による離職

① 下記②以外の労働者

(1回の契約期間___箇月、通算契約期間___箇月、契約更新回数___回)

(契約を更新又は延長することの確約・合意の 有・無(更新又は延長しない旨の明示の 有・無))

(直前の契約更新時に雇い止め通知の 有・無)

労働者から契約の更新又は延長(を希望する旨の申出があった・を希望しない旨の申出があった・の希望に関する申し出はなかった)

【契約の更新又は延長の希望の 有・無 】

②労働者派遣事業に雇用される派遣労働者のうち常時雇用される労働者以外の者

(1回の契約期間___箇月、通算契約期間___箇月、契約更新回数___回)

(契約を更新又は延長することの確約・合意の 有・無(更新又は延長しない旨の明示の 有・無))

労働者から契約の更新又は延長(を希望する旨の申出があった・を希望しない旨の申出があった・の希望に関する申し出はなかった)

a. 労働者が適用基準に該当する派遣就業の指示を拒否したことによる場合

b. 事業主が適用基準に該当する派遣就業の指示を行わなかったことによる場合(指示した派遣就業が取りやめになったことによる場合を含む。)

(aに該当する場合は、更に下記5のうち、該当する主たる離職理由を更に1つ選択し、○印を記入してください。該当するものがない場合は下記6に○印を記入した上、具体的な理由を記載してください。)

【契約の更新又は延長の希望の 有・無 】

(3)早期退職優遇制度、選択定年制度等により離職

(4)移籍出向

4.事業主からの働きかけによるもの

(1)解雇(重責解雇を除く。)

(2)重責解雇(労働者の責めに帰すべき重大な理由による解雇)

(3)希望退職の募集又は退職勧奨

①事業の縮小又は一部休廃止に伴う人員整理を行うためのもの

②その他(理由を具体的に           )

5.労働者の判断によるもの

(1)職場における事情による離職

①労働条件に係る問題(賃金低下、賃金遅配、時間外労働、採用条件との相違等)があったと労働者が判断したため

②事業主又は他の労働者から就業環境が著しく害されるような言動(故意の排斥、嫌がらせ等)を受けたと労働者が判断したため

③妊娠、出産、育児休業、介護休業等に係る問題(休業等の申出拒否、妊娠、出産、休業等を理由とする不利益取扱い)があったと労働者が判断したため

④事務所での大規模な人員整理があったことを考慮した離職

⑤職種転換等に適応することが困難であったため(教育訓練の有・無)

⑥事務所移転により通勤困難となった(なる)ため(旧(新)所在地:     )

⑦その他(理由を具体的に:        )

(2)労働者の個人的な事情による離職(一身上の都合、転職希望等)

①職務に耐えられない体調不良、けが等があったため

②妊娠、出産、育児等のため

③家庭の事情と急変(父母の扶養、親族の介護等)があったため

④配偶者等との別居生活が継続困難となったため

⑤転居等により通勤困難となったため(新住所:    )

⑥その他(理由を具体的に   )※転職希望による自己都合もここ

6.その他(1-5のいずれにも該当しない場合)

(理由を具体的に)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です