フェルメールの「音楽の稽古」@バッキンガム宮殿

タイトル:The Music Lesson(音楽の稽古)
年代:1662‐1665
画家:ヨハネス・フェルメール

夏季のみ一般公開されるバッキンガム宮殿にて鑑賞した作品。また、イギリス女王が所有している作品のため、テーマによってはクイーンズギャラリー等に展示されることもあります。

三十数点しかないフェルメールの作品のひとつ。フェルメール作品のコンプリートを目指す人にとっては、常設で展示されていないために鬼門の1枚とも言われている作品。

個人的には「ザ・フェルメール!」といった感じですごく好きです。

「音楽」というのは恋の暗喩の場合もあり、二人の秘密の恋が描かれているという説もあるようです。鏡に映った女性が後ろ姿とは若干違う角度をしているのはその暗喩とも解釈できそうで、なんともロマンチックな作品です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です