レンブラントの「アガザ・バスの肖像」(@バッキンガム宮殿)

タイトル:アガサ・バスの肖像
画家:レンブラント

バッキンガム宮殿の夏の一般公開にて鑑賞したものです。

レースや扇子の繊細さが素晴らしい作品。思わず近くによってジロジロとその繊細さを観察してしまいました。

また、窓枠を描いて、その中に人を描く肖像画は、当時としては斬新な構図だそうです。実は窓枠から扇子がこっそりと出ているのが面白いです。

レンブラントって本当に絵が上手だなぁと思わせられる作品でもあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です