ロンドンで駐在日本人が住みやすい街を総まとめ!

ロンドンに転勤が決まった方、またそのご家族の方、ロンドンのどの街に住むか決めましたか?

このページでは、ロンドンのどのエリアに住もうか検討中の方向けに、ロンドンで駐在員をしている人やその家族が多く住んでいるエリアをまとめて紹介します。物件探しの参考にどうぞ。

ロンドン中心北部

ロンドン中心北部は、ロンドンの日系駐在員が多く住む二大エリアのうちのひとつです。このエリアに住んでいるのは、

  • 小学校入学前の子供を持つ家族
  • 子供のいない夫婦

が多いです。ロンドンの中心部から少し北にあるエリアで、中心部へ出掛けるのも便利なので人気のエリアです。

セントジョンズウッド(St John’s Wood)

セントジョンズウッドは近所にビートルズで有名なアビイ・ロードもあり、観光地としても有名である一方で、閑静な住宅地としても知られています。近所にモスクがあることからイスラム系の住人も多いです。

ハイストリートにはおしゃれな洋服屋やレストランも並んでいて素敵な街並みですが、唯一の欠点は近所に大きいスーパーがないことです。Tesco expressという、日本で言うならマルエツ・プチのようなスーパーと大きめの八百屋が一軒あるのみです。

大きなスーパーを利用したい場合はのちに紹介するフィンチリーロード駅前にあるWaitroseまで足を運ぶか、ベイカーストリート駅の先のWaitroseまで足を運ぶか、のオンラインスーパーを利用する必要があります。

スイスコテージ(Swiss Cottage)

セントジョンズウッドからジュビリーラインで一駅奥に位置しています。スイスコテージ駅周辺からフィンチリーロード駅に向かう大通りには飲食店や雑貨屋、ドラッグストアなどがずらっと並んでいます。

セントジョンズウッドよりもゴミゴミした感じはありますが、買い物などの生活のしやすさはこちらに軍配があがるかもしれません。反対に、スイスコテージ駅に降り立ってセントジョンズウッド側にはお店は何もなく、閑静です。

スーパーはフィンチリーロード駅周辺にあるWaitroseかSainsbury’s、それにスイスコテージ駅周辺の小さいMarks&Spencerを利用することができます。

フィンチリーロード(Finchley Road)

スイスコテージからジュビリーラインで一駅奥に位置しています。このエリアで買い物が一番便利なのはこの駅周辺です。

WaitroseとSainsbury’sはかなり大きいスーパーなので、とても便利です。また、ナチュラルナチュラルという日本食材店もありますので醤油やみりん、タケノコやこんにゃくも簡単に手に入れることができます。

その他の街

他にも、ベイカーストリートやベルサイズパーク、メイダベールやハムステッドなどにも日本人向けの不動産があり、駐在員が住んでいます。

 

ロンドン西部

ロンドン西部は、ロンドンの日系駐在員が多く住む二大エリアのうちのもうひとつです。このエリアに住んでいるのは、

  • 小学生の子供を持つ家族
  • 日系の幼稚園に通う子供を持つ家族

が多いです。ロンドン唯一の日本人学校があるので、この学校に通いたい人はこのエリアに住む人も多いそうです。(もちろん、遠方からバスで通学することもできます。)

イーリングコモン(Ealing Common)

イーリングコモン周辺には、あたりやとナチュラルナチュラルという日本食材店があり、また日系の美容室(髪結)などもあります。日本人が住むのにとても便利なエリアです。

ウエストアクトン(West Acton)

日本人学校の最寄り駅のひとつ。駅前は賑やかではありませんが、あたりやフーズとYO YO Kitchenという日本食材店があります。大型スーパーは車での移動が便利ですが、モリソンズなど、いくつか大型のものがあります。

また、ジャパングリーンメディカルという日系の病院(クリニックと産婦人科クリニックあり)と、日系の歯医者もあります。また、補習校や学習塾のenaもあり、子持ちの家庭が暮らしやすい環境だと思います。

イーリングブロードウェイ(Ealing Broadway)

イーリングブロードウェイの駅前には、大型のショッピングセンターがあり賑やかな雰囲気でとても便利です。ショッピングセンターの中にMarks&SpencerやTescoなどのスーパーマーケット、Bootなどのドラッグストアがあります。日々の買い物に苦労しなそうですね。

 

ロンドン北部

ロンドン北部にも多くの日本人が住んでいます。このエリアに住んでいるのは、

  • 現地校に通う子供を持つ家族
  • 夫婦2人暮らし

が多い印象があります。緑も多く、大きい家が多いので、暮らしやすいエリアだと思います。

ゴルダーズグリーン(Golders Green)

ゴルダーズグリーンはJJタウンとも呼ばれ、ユダヤ人と日本人が多く住むエリアです。ロンドン中心北部よりは若干家賃も下がるので、予算が少なめな人や家族で大きい部屋を借りたい方はゴルダーズグリーンも検討しても良いのではないでしょうか。

スーパーも豊富で駅周辺はかなりにぎやかなので、暮らしやすいエリアだと思います。日本食材店としてはあたりやとハローキッチンというお店があります。その他にも日系不動産屋、イート東京という日本料理屋さんもあります。

フィンチリーセントラル(Finchley Central)

日本人駐在員の他にも、イギリスの方とご結婚された方などもよくお住まいのエリアだと思います。(日本人は狭くても中心街に近い場所を好むのに対し、イギリスの人は大きく緑があるエリアを好む傾向があります。)家族で住むために大きめの一軒家を借りたい、という人にニーズが強いエリアです。

この近辺に日本人学校はないため、子供は現地校に通いながら補習校へ通うというスタイルをとるのが一般的です。enaやJOBAなどの学習塾もあります。

ノースフィンチリー(North Finchley)

こちらもフィンチリーセントラル同様、家族用の大きな家が多いエリアです。

あたりやという日本食材店があります。

ブレントクロス(Brent Cross)

ブレントクロス自体に住む人はそこまで多くない気がしますが、ロンドン医療センターという日系病院が近所にあるため、覚えておいた方がよい地名です。病院へはブレントクロス周辺、もしくはヘンドンセントラル駅周辺からアクセスできます。

その他のエリア

そのほか、ウィンブルドンやリッチモンドなどの郊外、パディントンやノッティングヒル、また年齢が上がって住宅補助が多くなるとヴィクトリアやサウスケンジントンなどに住む人もいます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です