自己都合で仕事を辞めた場合、失業保険がもらえるまでの期間はどれくらい?

自己都合で会社を退職した場合と、会社都合で会社を退職した場合では、失業保険がもらえる日数に違いがありますが、もらえるまでの期間にも違いがあります。

自己都合の場合の給付日数を確認したい方はこちらから。
自己都合で仕事を辞めた場合にもらえる失業保険の日数は? | 仕事を辞めたい時に役立つサイト

会社都合の退職の場合

会社都合で会社を退職した場合には、失業後はじめてハローワークに出頭してから、7日間のみの待機期間を経て失業給付が開始されます。

実際に失業手当が入金されるのは、第一回の失業認定日(はじめのハロワ出頭から4週間後)に出頭した後、数日のうちとなります。

自己都合の退職の場合

自己都合の場合には、上の会社都合の場合に加えて、3カ月の給付制限がかかります。

つまり、7日間+3カ月のあと、失業保険の給付が開始となります。

なお、失業保険が入金されるのは、給付制限後、4週間から当初の7日間を引いた日である第一回失業認定日にハローワークに出頭した後、数日のうちとなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です