アルコロックとアルコパルのヴィンテージ食器が可愛い

アンティークマーケットに行くとたまに見かける、アルコロック(Arcoroc)とアルコパル(Arcopal)。

この2つとも、1825年創業で、現在でもフランスを代表する老舗ガラスウエアメーカーARC International(旧デュラン社)のブランドなのです。あまり聞いたことがないかもしれませんが、実はARC Internationalは「ヤマザキ春のパン祭り」の白い食器を作っているブランドで、2014年の売り上げは8億4千万ユーロ(約1000億円)の大企業です。

現在でも様々な商品を販売しているのですが、ヴィンテージ商品として人気なのは以下のような商品です。

アルコロック(Arcoroc)の場合

アルコロック(Arcoroc)は、色付きのガラス製品が人気です。なぜなら、色付きのガラス製品は現在新規で発売されていないからです。

65a0eb81-4043-4239-858b-5d7d93f3aec1 濃い緑やピンクなど心躍る色の食器はヴィンテージの物のみ。

アルコパル(Arcopal)の場合

アルコパル(Arcopal)で人気なのは、レトロな柄の描かれたミルクガラス食器たちです。パイレックスなどにも通じるようなレトロ柄が可愛いです。

それから、レトロ柄が描かれていない製品もあります。カップ&ソーサーなどはとても可愛い雰囲気ですよね。

e21cf609-d809-42be-8189-ac738036eeca
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です