結婚式をハワイのテラス・バイ・ザ・シーで挙げた話

私は数年前、ハワイのテラス・バイ・ザ・シーで挙式をしました。

このページではテラス・バイ・ザ・シーで結婚式をした感想を綴りたいと思います。

テラス・バイ・ザ・シーでの挙式・結婚式を検討されている方の参考になれば幸いです。

テラス・バイ・ザ・シー 概要

空港からのアクセス ホノルル空港より車で約15分
主要都市からのアクセス オアフ島のワイキキ地区。中心部から車で約10分
所在地 53 Ahui Street, Honolulu, Hawaii 96813
チャペルの数 全2会場
披露宴会場 全6部屋(2~24名まで)

ホノルルは、成田空港・羽田空港・中部国際空港・関西国際空港・福岡空港・新千歳空港などから直行便が数多く発着するので、日本の各地方からのアクセスもよいのが魅力です。

そしてその中でも、テラス・バイ・ザ・シーは、ホノルルの中心部ワイキキから車で10分ほどのところにあるチャペルと披露宴会場を併設した挙式会場です。施設は2012年にオープンしたため、とてもきれいな会場です。

また、嵐15周年記念のハワイコンサートの際、Mステ中継時に利用された会場でもあり、嵐のファンにとっては別の意味で有名な場所なのだそう。

arashi

「100年先も~♪ 愛を誓うよ~♪」を歌ったようです…。

併設でレストラン「53 By The Sea」も運営しており、記念日には再びこの挙式会場を訪れることができるのも魅力です。私の場合は、挙式をした記念に無料で1~2年間の間有効のレストランの招待券がもらえました。

現在もこのサービスをしているかどうかは会場へお問合せください♪

ワイキキからも近いので、参列者もその後の予定が組みやすいことも特徴としてあげられます。参列者用に、ワイキキのホテルエリアからの送迎車も用意できます。

なぜハワイで結婚式を挙げたの?

私がハワイで結婚式を挙げたのは、会社の上司や同僚を呼ばずに、しがらみのない結婚式を挙げたかったからです。結局、ハワイで親族だけで小さい結婚式を挙げました。

正直、ハワイで結婚式をするのが夢だったわけではないのですが、結果的には久しぶりの家族旅行にもなり、とても楽しい思い出になりました。

ハワイ挙式にかかった費用は?

ハワイでの挙式にかかった費用は、以下の通りです。

  • 挙式および披露宴、レンタルドレス代、アルバム代 … 約110万円
  • 航空券 … 約30万円

披露宴に何人を招待するかで多少値段は変わりますが、イメージよりも安いと感じる方が多いのではないでしょうか?

なお、そのほかに家族のハワイへの旅行費用が発生する点には注意が必要です。双方の両親・親族の費用面およびスケジュール面での調整も必要ですので、事前の調整をきちんとすることが必要です。

結婚式に向けて準備することってどれくらいあるの?

海外挙式の場合、日本での披露宴に比べると準備する事項は圧倒的に少なくなります。

細々と決めることはありますが、基本的には3回程の打ち合せの中で要望を伝えるだけで済むことがほとんどです。あとはドレスを決めるくらいしかやることはありません。

招待客が親族だけであれば席次表も不要ですし、準備が大変だったという記憶は一切ありません。ここは海外挙式の魅力です。

結婚式のドレスはどこのメーカーから選べる?

このテラス・バイ・ザ・シー、実はタカミブライダルが運営している挙式会場なんです。

なので、基本的にはドレスはタカミブライダルからレンタルするのが最も割安な価格設定になっています。私は特にドレスメーカーにこだわりがなかったので、タカミブライダルでドレスを選びました。

タカミブライダルは東京青山、横浜、仙台、長野、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡、熊本にあります。私の場合は青山の店舗を利用しました。

数回試着のために青山のタカミブライダルへ通い、気に入ったドレスとアクセサリーなどを選びました。

ハワイへ行く数日前に、ドレスやアクセサリーなど全てが宅配便で自宅に届きます。

ロストバゲージの心配もありますので、飛行機に搭乗する時は、手荷物でドレスを運ぶことになります。

当日の流れ

どのようなプランにするのかにもよりますが、当日の流れは以下を参考にしてください。

  1. 化粧をし、ドレスを着用する(この時点からすでに、写真撮影はスタート)
  2. リムジンバスに乗車
  3. 会場に到着
  4. 会場外内で写真撮影
  5. チャペルでの挙式
  6. 披露宴会場にて、参列者との食事会
  7. 参列者は解散
  8. 新郎新婦は、近郊の浜辺で写真撮影

宿泊したホテル、シェラトンワイキキからリムジンバスに乗るときの様子

08c60b81

テラスバイザシーに到着し、写真撮影をする様子

ffab3e17

嵐もここで歌った!大階段で写真撮影する様子

a6f76e3c

ナウパカチャペルでの挙式中の様子

a522c191

海外挙式の注意点

すごく思い出に残ったテラスバイザシーの結婚式で、不満はなにもありませんでした。

ただ、ひとつだけ注意点があるとすれば、海外挙式では引き出物を業者側で用意してくれる仕組みがありません。

もし引き出物を用意するのであれば、どのようなものにするのか、海外で渡すのか・帰国後に発送をするのかなどを事前に検討しておき、参列者に誤解のないように伝える必要があります。

特にお友達を呼ぶ場合は、航空券代・ご祝儀をどうするか・引き出物をどうするかなどは、説明が不十分で先方の想像と異なるとトラブルの元になるので注意しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です