成田山新勝寺で新車の交通安全祈祷&鰻

新車を購入したので、成田山新勝寺に交通安全祈祷に行ってまいりました。

成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)は、940年に建立された千葉県成田市にある真言宗智山派の寺であり、同派の大本山のひとつ。もともとは、平将門の乱平定祈願のために開山されたお寺です。

本尊は不動明王。江戸時代になると、このお寺の不動明王が爆発的に人気を呼ぶようになります。理由は、当時の大スターだった歌舞伎役者の初代市川団十郎が、こちらのお不動さんに願をかけて後継ぎとなる子供を授かったことからです。江戸から3泊程度で行ける観光地として、人気を集めるようになったのです。

現在のパンフレットも、団十郎が描かれているほど。「よっ、成田屋!」の掛け声もここが由来だったのですね。

現在でも、関東地方では有数の参詣人を集める著名寺院で、家内安全、交通安全などを祈る護摩祈祷のために訪れる人も多いようです。不動明王信仰の寺院のひとつであり、寺名は一般には「成田不動」あるいは単に「成田山」と呼ばれることが多い、そんなお寺です。

参道と鰻屋

新勝寺までの参道は、現在お土産屋さんが連なる観光地になっています。中には古い蔵造りの建物もあり、ぶらっと散歩するにはぴったりです。

この参道で有名なのが、鰻屋です。100件以上の鰻屋が並び、ご飯どきには軒先から鰻の煙がもくもくと漂います。

今回は江戸中期に創業した菊屋という鰻屋さんに入りました。

3200円と、安くはありませんがふわふわで満足でした。

成田山新勝寺

さて、鰻の後は境内を巡ります。

亀が泳いでいたり、と長閑な雰囲気ですが、

境内はかなり広く、すべてお散歩しようと思うと2時間くらいはかかるかもしれないですね。

今日は交通安全祈祷のために来たので、交通安全祈祷殿へ移動します。

交通安全祈祷殿

交通安全祈祷殿は総門から400メートルほど離れた別の場所にあり、車でびゅーんと境内の敷地内にはいることができます。

30分毎に交通安全祈祷をしています。1台につき5000円~と、そこそこお値段ははります。まずはお坊さんが車に向かってお祓いをし、ついで参拝者に向かってお祓いをするという手順。所要時間10分ほど。

…ぼろい商売だなぁ、と思わない事もないけれど、まぁ安全を願いつつ、ゲスな邪推は心にしまいましょう。

帰りは酒々井のプレミアムアウトレットに立ち寄って帰宅しました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です