水着混浴あり!大江戸温泉 浦安万華鏡はカップルや男女混合グループにおすすめ

先日、東西線の浦安駅JR新浦安駅から無料シャトルバスで行ける、大江戸温泉 浦安万華鏡へ行ってきました。

大江戸温泉はお台場にもある人気のスーパー銭湯なので、ご存知の方も多いと思います。

しかし、浦安にも大江戸温泉があるのはあまり知られていないかもしれません。私も、近所に引越しして来るまで知りませんでした。

ですが、この浦安の大江戸温泉には、お台場の大江戸温泉にはない特徴があるのです。

それが、水着での露天混浴

なので、カップルや、大学のサークルの男女混合グループ、ファミリーなど、男女入り混じった団体で楽しめるんです。

都内からのアクセスもかなりいいので(ディズニーランドの近くとイメージしてもらえばよいかと思います)、半日もしくは日帰りで楽しむのにちょうど良い距離の施設です。

今日は、先日この大江戸温泉 浦安万華鏡に行ってきた私が、この施設の楽しさを解説します♪

施設までのアクセス

まずは、

  • JR京葉線・武蔵野線の新浦安駅
  • 東京メトロ東西線の浦安駅

のどちらかへ行きましょう。

そこから、無料のシャトルバスがだいたい30分に1本のペースで出ています。10~15分程バスに乗れば到着です。朝7時台から23時台までと、かなり使い勝手がいいのでおすすめです。

詳細のバス時間は公式ページからどうぞ

その他、最寄駅からではありませんが以下の無料シャトルバスも出ています。ご自宅の近くから出ている方はこちらを利用してもいいですね。

施設の概要

大江戸温泉 浦安万華鏡は、全38のお風呂が揃っている、スーパー銭湯施設としては国内最大級の大きさです。

内風呂露天風呂など、一般的なお風呂施設に加えて、先ほどもお伝えした水着で入る混浴露天風呂があります。

混浴露天風呂には、例えば、地上1400mから湧き上がるお城のようなお風呂「源泉館」や、

滝が流れる風景を楽しめる「大滝の湯」

かやぶきの下で風情を楽しめる「かやぶきの湯」(ゲルマニウム温泉)

子供が滑り台を楽しめる底浅の「亜細亜の湯」

カップルでイチャコラできる?「青の洞窟」

など、様々な温泉があり、飽きることなく楽しめます。

また、お風呂を出た先には、複数の飲食店軽食コーナー休憩所漫画コーナーマッサージ店お土産屋などがお祭りのように軒を連ねていて、とても楽しい雰囲気です。

お風呂の後、ご飯を食べるのもリラックスできておすすめです。我が家は焼き肉「牛繁」で焼き肉&ビールで楽しく過ごしました。もちろん、大人数で行ったらもっと楽しいはずです。あらかじめレストランの予約をすることも可能だそうです。

大江戸温泉 浦安万華鏡の利用料金

利用料金は以下の通りです。

大人(中学生以上) 小人(4歳~小学生)
平日料金 1,480円(1,748円) 680円(734円)
土日祝料金 1,780円(2,072円) 780円(842円)
特定日料金 2,080円(2,396円) 880円(950円)
深夜割増(深夜2時以降在館の場合) 1,700円(1,836円)

※( )が消費税・入湯税込みの料金です。

また、大小1つずつのタオルは料金に含まれているので持ってくる必要なしですが、館内着やレンタル水着を借りる場合は以下の料金が必要です。

館内着(大人、小人とも) 一律280円(302円)
レンタル水着 600円(648円) / 1,100円(1,188円)

割引料金で行くコツは?

大江戸温泉 浦安万華鏡に割引料金で行きたいと思ったとき、方法は2つあります。

クレジットカードを提示

以下のクレジットカードを持っている人は、提携割引があります。

  • アトレクラブビューSuicaカード
  • エポスカード
  • JALカード
  • タイムズクラブカード

詳細はこちらをご覧ください。

毎月26日は風呂の日!

毎月26日は風呂の日ということで、大人入館料が1,000円(タオル・館内着付、税別)になります。ただし、26日が土日に当たる場合は、前後の日に変更することがあるようですのでご注意ください。

asoview!

アソビューという割引優待サイトがお得です。初回登録から最大2カ月は無料で利用が可能ですので、大学のサークルなど団体で温泉に行く場合には、まとめてこのサイトから予約してしまうととてもお得になります。

楽しんできて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です