PVは変わらないのにアドセンス収益が1.5倍に増えた施策3つ

趣味で運営している別のブログは、毎月15万~20万PVくらいで推移しています。

グーグルアドセンスだけを貼り付けている、商売っ気の薄いサイトなのですが、ふと思い付いていくつか対策をしてみたところ、PV数は変わらないのにアドセンス収益が1.5倍に増えたので、そこで行った施策をまとめてみます。

前提

前提は以下の通りです。

  • 無料ブログサービスで独自ドメインを取得して運営しているブログ
  • 個人的な趣味について定期的に情報を更新している内容

施策1:デザインを変更した

以前は2カラムで、比較的サイドバーが細めのものを利用していました。それを、比較的サイドバーが太めのものに変更しました。

サイドバーに設定していた広告のサイズはレスポンシブだったのですが、サイドバーが細かったので、グーグル側が推奨する300×600や、大きい広告サイズである300×1050を表示することができず、横のサイズが160や120のものしか表示されていない状態だったのです。

表示できるサイズが限定されていると、配信できる広告の数も減少します。そのせいか、以前はよくグーグルの公共広告が表示されていました。公共広告はクリックされても収益になりませんので、できるだけ公共広告を表示させないようにすることが収益をあげるポイントです。

施策2:関連コンテンツユニットを設定

「関連コンテンツユニット」とは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを宣伝できる広告ユニットです。

よくブログなどに表示されている「関連記事」のように、関連記事をいくつか紹介することができ、またその記事に関連した広告があわせて表示されます。その広告がクリックされれば、通常のアドセンスと同様に収益となります。

なお、関連コンテンツユニットは、Google コンテンツのページあたりの広告数の上限にはカウントされませんので、純粋に1枠、広告枠を増加させることができます。

(関連コンテンツユニットはグーグルに許可された一部のユーザーのみ利用可能です。)

施策3:中国語サイトを非表示にする

私の趣味で運営しているサイトは、日本人だけが閲覧するサイトです。でも、サイトのカテゴリーのせいか、よく中国語のサイトがアドセンス枠に表示されてしまいます。

これでは、クリック率が下がってしまうので、よく表示される中国語の広告主のサイトを表示しないようにブロックしました。

なお、英語サイトやドイツ語サイトも表示されることはありますが、私のサイトは英語圏居住者やドイツ語圏居住者が見る可能性はあるので、これはブロックしていません。ケースバイケースで対応してください。

まとめ

アドセンスに詳しい方からすると、超一般的な部分かもしれませんが、ほとんど工夫せずに広告を貼っているだけの人はトライしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です