海外に住む人はVPNで快適な動画生活ができる

海外生活をしていて、こんなふうに感じた人はいませんか?

  • 日本のテレビやビデオ動画、映画がもっと見たいなぁ…。
  • バラ動画などのサイトは広告が多いし、重くてストレス。
  • 子供に教育のために日本語アニメを見せたいんだけど、海外では放映してない!どうしよう。

普段外国語で生活しなければいけない海外在住者にとって、日本語でのテレビ放送や動画試聴はリラックス方法のひとつでもあります。海外暮らしではストレスも多いですから、たまには日本語の動画などを見てリラックスしたいこともありますよね。

このような状況を解決してくれるキーワードがVPNです。

VPNとは何か

海外から日本のサイトにアクセスすると、「提供しているサイト内容は、日本国内からのみ閲覧できます」という表示が出て、サイトを閲覧できないことがあるんです。特に動画ストリーミングサービスに多いです。

例えばHuluやNetflix、NHKオンデマンド等のテレビ局のオンデマンドチャンネルの動画は、通常国外からはアクセスすることができません。また、インターネットテレビ局のAbemaTVやテレビ番組の見逃し放送TVerへもアクセスが拒否されてしまいます。

これは国外のIPアドレスから日本のサイトにアクセスしていることが原因で生じます。IPアドレスとは、パソコンやスマホ端末などに対して一つ一つ異なる番号が振られたインターネット上の住所のようなものです。

そのIPアドレスは、本人が契約したプロバイダ(日本ならフレッツやソフトバンクBB等)から提供されます。ですから、国外のプロバイダサービスと契約してそこを経由して日本のサイトにアクセスすると、当然ですがそれは国外からのアクセス、と判断がされることとなります。

これを国外のIPアドレスからではなく、日本のIPアドレスからアクセスしているように見せかけることで、日本のサイトにもアクセスできるようになるのです。そしてこの「見せかける」ために使うのが、VPNなのです。

VPNの定義

VPNとは、通信事業者のごく一般的な公衆回線を使って仮想的にプライベートネットワークを構築すること、また、そのようなネットワークを構築できる通信サービスのことをいいます。

…難しいですね(´・ω・`)

ま、普通にインターネット回線を使いながら、仮想的にそこだけ日本国内にいるかのようなネットワークを作って、日本国内にいるかのように見せかけることができるのがVPNだと思っていただければOKです。

企業ではこの仕組みを利用し社内イントラ等に活用するのが一般的な利用法です。しかし、海外在住者にとっては、VPNを利用するのは日本にいながら海外の動画ストリーミングサービスを見たり、さらに、中国に住む日本人にとってはGoogleやLINEを使うためにも活用できる仕組みになっています。

 

海外に住んでいる人が、VPNで出来ること

 

海外に住んでいる人がVPNサービスを使って実現できることには、以下のものがあります。

VPNがあれば無料でできること

VPNがあれば無料でできることの例を紹介します。

TVer

日本のテレビ局が運営している見逃し配信の動画ストリーミングサービス(TVer)を視聴できます。

話題のドラマやバラエティの見逃し配信を海外からでも見ることができます。全ての番組が放送しているわけではありませんが、マツコの知らない世界やゴットタン、有吉反省会、正直さんぽ、有吉ジャポン、さま~ず×さま~ず、今夜くらべてみました、などなど人気の番組がたくさんです。

AbemaTV

サイバーエージェントのインターネットテレビ局、AbemaTVもおすすめです。

AbemaTV
無料
(2016.08.07時点)

App Store

posted with ポチレバ

テレ朝の朝の情報番組が閲覧できるほか、アニメやバラエティなど、流し見するのは意外と面白いです。

その他

その他にも、以下のことができるようになります。

  • 中国で閲覧対象になっているサイトへのアクセス(Google、Gmail、Facebookなど)
  • LINEのキャンペーンスタンプの無料ダウンロード(方法はこちらから)
  • 2ちゃんねるへの書き込み

VPN+有料でできること

VPNを導入した後、別途お金を払う必要はありますが、こんなこともできるようになります。

  • Hulu、Netflix、dTV(日本版)など有料動画ストリーミングサービスの視聴
  • NHKオンデマンドの視聴
  • 各民放のオンデマンドの視聴

どの会社のVPNを使う?

VPNを利用するには無料の方法と有料の方法があります。

結論から言いますと、特に動画を視聴する場合には有料のVPNを使用しないと重すぎて動きません。

月々の料金はかなり安く、例えばJSTV(日本語衛星放送)を導入するよりも安いので、有料で安定的に利用する方がストレスもなく、セキュリティ面でも安心です。

なかでも日本で最も有名なVPN業者は、インターリンクという会社です。

初期費用なし、月額料金1,080円(税込)でオンライン上で申し込みをするだけで、その場ですぐ使えるようになります。インターネットに接続した状態でインターリンクが提供するサーバーに接続すると、利用端末に日本のIPアドレスが割り当てられ、あたかも日本からアクセスをしているように擬態することができます。

本当に接続が可能なVPN業者かどうかが気になるところだと思うのですが、この業者はサービス開始日の翌月末日までの最大60日間が無料体験期間として設けられています。契約の拘束などはありませんので、無料体験期間内に退会すれば費用はかかりません。無料期間に実際に接続ができるのを確認してから、契約をすることができます。

インターリンクには、「セカイVPN」と「マイIP」というサービスがあります。

「セカイVPN」の方は、サーバー設置国が日本だけでなくアメリカ、香港、ドイツ、韓国と5カ国もあり、好きな国のサーバーに接続することを選べます。日本版だけでなく、アメリカ版や韓国版のHuluなどの動画配信サービスもあわせて試聴を希望しているのであれば、セカイVPNの方を選ぶと良いでしょう。

一方、「マイIP」はサーバ設置国が日本に限られているので、日本の動画だけを見られればよいという人にはこちらが向いています。なお、こちらのサービスの方は固定IPアドレスを取得するサービスになっていますので、固定IPを取得しなければ利用できないという機能やサービスを利用する予定がある人はこちらを選びましょう。

私はセカイVPNとマイIP両方利用したことがあるのですが、おすすめは断然、「マイIP」です

理由はなぜだかわかりませんが、マイIPのほうが通信速度が早く、スムーズに動画を見ることができたからです。セカイVPNの通信速度で満足できない方は、マイIPの方もぜひ利用してみてください。(セカイVPNからマイIPへの切り替え時もサービス開始翌月末までの無料は適用されるのでオトクです!

インターリンク以外にも有名な会社はある?

その他にも、下記のサービスが世界的には有名です。

hidemyass https://www.hidemyass.com/
pure VPN https://www.purevpn.com/
ib VPN http://www.ibvpn.com/

どの業者も日本のサーバーを持っていますので、これらの業者でもVPNサービスを利用することができます。ただし、いずれも海外の会社なのでホームページや契約内容が少し分かりづらいかもしれません。

もしVPNサービス自体に不慣れなのであれば、まずは日本の業者であるインターリンクから初めて、概要が理解出来たところで他のサービスを検討すると安心かもしれません。

また、IP自体がブロックされてしまうこともよくあるので、新しいIPを定期的に追加・更新している事業者であることは重要なポイントです。万が一、今利用しているサービスがあまり円滑にワークしなくなってきた場合には、他の事業者を検討することも重要です。

VPNの接続方法は?

VPNの接続方法は、初心者でもすぐに設定できるほど簡単です。各VPN業者が発行するパスワード等を、コントロールパネル等のVPN設定画面に入力するだけで、数秒待つだけで接続が完了します。

私の場合はiPadで接続をして動画をよく見ています。だいたい1日ほどで接続が切れるので、再度繋ぐことが必要です。とはいっても再度パスワードを入力する必要はなく、接続ボタンを押すだけなので、毎回パスワードを入力する必要はありません。

海外在住中の方、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です