手土産の治一郎のバームクーヘンが激ウマだった件

手土産で、「治一郎のバームクーヘン」をもらいました。

バームクーヘンといえばクラブハリエ、ユーハイム、ねんりん家、マダムシンコ…。たくさん有名なお菓子屋さんがありますよね。正直、治一郎のバームクーヘンは知りませんでした。

「絶対美味しいから!」と言われてもらった治一郎のバームクーヘン。

箱を開けてみると…
unnamed

一口サイズに切り分けられたバームクーヘン4切れが1パックになっている仕様です。これは食べやすそう!

 

…ということでさっそくひとついただきました。

unnamed (1)

しっとり!ねっとり!んまーーーーーー!

バームクーヘンの外側は砂糖でシャリシャリ、内側はこの上なくしっとり。水分を多く含んでいて、飲み物要らずで食べれるほどでした。6個入りだったのですが、家族2人で1日でペロリと平らげてしまうほど。

…ということで、治一郎のバームクーヘンを少し調べてみました。

「治一郎のバームクーヘン」は、静岡県浜松市東区に本社を置く日本の食品メーカー、ヤタローという会社のブランド。

2010年に静岡県浜松市に治一郎大平台本店をオープンしたのを皮切りに、今ではラゾーナ川崎プラザ店、ららぽーと横浜店、ジョイナス店、アトレ恵比寿店、ルミネ立川店、吉祥寺パルコ店など計13店舗を出店している人気店。

2010年からあるブランドだったのですね。知りませんでした。

超美味しいし、食べやすい一口サイズなので、手土産にめちゃおすすめです。気になった方はぜひどーぞ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です