イージージェットの予約方法は?チェックイン方法は?乗り方は?

イージージェット(EasyJet Airline Company Limited)は1995年、イギリスで運航を開始した格安航空会社LCC。拠点空港はロンドン・ルートン空港ですが、今やヨーロッパ各地を旅行するのに非常に便利な航空会社となっています。
bd86e2a0-s
今回はイージージェットの予約方法、チェックイン方法、乗り方などをまとめました。細かいルールは随時変更の可能性がありますので、実際にご利用になる際はイージージェットのサイトでよくご確認をお願いします。

イージージェットの予約方法

スカイスキャナーを使って各種格安航空会社の飛行機の値段を比較し、航空会社とフライト便を決める方法ももちろんありますが、イージージェットのフライトは十分格安なので、イージージェットのサイトへ直接行って、その中からフライトを指定する方法でも十分安いチケットが取れます。

フライト便を決めた後は、座席を指定する必要があります。座席指定は数ポンド(もしくは数ユーロ)追加で料金がかかりますが、窓側を指定する場合や同行者と隣に座りたい場合は、指定が必要です。ほとんどの人が追加料金で座席を指定するため、指定しないと余った真ん中の席などにされることが一般的です。

また、スーツケースを預ける場合にも追加料金が必要です。Hold luggage & Sports equipmentのタブからスーツケース等の数を指定しましょう。1つ(20㎏上限)預け入れる毎に35ポンドがかかります。私は夫婦で旅行することが多いのですが、節約のために1つだけHold Luggageとして預け入れることが多いです。チケット予約の際に預け入れ荷物を指定すると値段が安くなります(後から追加することも可能です)。予約なしに当日預け入れをしようとすると、値段が非常に高くなるだけでなく、場合によっては断られることもあるそうです。

Missed Flight CoverとSingle Trip Insuranceも、必要に応じて加入します。

その後はホテルやレンタカーの案内がされ、その後クレジットカード(あるいはデビッドカード)で決済をすれば、無事フライトの予約が完了します。ホテルやレンタカーはイージージェットグループの宣伝なので、スキップしてしまって大丈夫です。

チェックイン方法

イージージェットでは、チェックインはオンライン上でのみ行うことができます。オンラインでのチェックインを忘れた場合やボーディングパスを忘れた場合は基本的に飛行機に乗れません。(特別な配慮で乗れることもある、という情報もありますが期待薄でとらえていた方がよいです。)

フライトの30日前からオンライン上でチェックインができる仕組みになっています。そして、フライトの2時間前までにオンラインチェックインを済ませる必要がありますのでご注意ください。

チェックインのお知らせメールが登録したメールアドレスに届きます。そこからチェックインページにアクセスし、チェックインをします。パスポートIDや名前などを入力し、オンラインチェックインを済ませ、ボーディングパスを印刷し、フライト当日に備えます。

フライト当日

フライト当日は、バックドロップポイントでHold luggage(スーツケースなど)を預けます(預ける場合のみ)。ボーディングパスとパスポートが必要になりますので、列に並びながら準備しましょう。

機内に持ち込みOKなバッグの大きさは?

イージージェットなどの格安航空会社の多くでは、機内に持ち込めるバッグは1つまでと決まっています。日本の航空会社では小さなポシェットと大きめの手提げバッグなどを持ち込むことが一般的かと思いますが、イージージェットではこれも2つにカウントされますのでご注意ください。

機内持ち込みの荷物は、イージージェットではcabin bagと呼んでいます。 大きさは56 x 45 x 25cmまでです。小さなサイズのスーツケースを持ち込む場合、ハンドルや車輪も含めてこの大きさに収める必要があります。

 

イージージェットについては以上になります。皆様の旅がよい旅になりますように。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です